毎週日曜日に久留米市世界のつばき館にて「日曜市」を10時~16時で開催しています。日曜市は、地産地消を目的としており、草野校区の方々が野菜や果実、緑花木、苗木、加工品などを販売いたします。    

電動アシスト自転車もついに登場!つばき館には2台の電動アシスト自転車をはじめ、大人用・子供用の自転車を合わせ6台の自転車がございます。


■貸出し料金

・電動アシスト車

 4時間500円/1日800円

・大人用自転車

 4時間300円/1日500円

・子供用自転車

 4時間300円/1日500円

新しく、「里のしずく」徳用瓶100ccの販売が始まりました。

スプレー式(30cc)     800円

瓶    (50cc)    1,000円

瓶    (100cc)   1,800円

 



 ツバキ庭園入口の階段には、久留米つばきのシンボルマークを施したオリジナルの城島瓦が並んでいます。さらに、久留米市イメージキャラクター「くるっぱ」をデザインした城島瓦も世界のつばき館のどこか1つあります。

草野校区まちづくり振興会の皆さんが、つばきでお迎えするために、キラリ輝く市民活動活性化補助金を活用して久留米市世界のつばき館から久留米つばき園までの約400㍍の道に、久留米つばき約300本植栽し歩く道を作りました。皆さん、「つばきの小径(こみち)」を散策して、草野町のつばきを十分ご堪能ください。

「久留米市世界のつばき館」玄関付近に、押絵(おしえ)教室「梵九羅(ぼんくら)」(主宰:山口淳子制作の久留米つばきをモチーフにした押絵「久留米の椿・正義(まさよし)」が展示されています。  久留米つばき「正義」をモチーフにし、昭和初期の古布(こふ)を素材とした押絵は、赤い花びらやつぼみ約100個を配しており、ひとつひとつ布を重ねながら丁寧に仕上げています。(額入り、縦:約94cm、横:約154cm、厚さ4cm)